SUZUKI VanVan90 レストア ~フロントフォーク編~

 そろそろ本格的に自分のバンバン90のレストアを進めないと、春までに間に合わない雰囲気になってきました。何としても釣りのハイシーズンにはバンバン90で渓流釣りに行きたいので、他のバイクのレストアの片手間に少しずつイジっています。

 今回は、各部品の塗装に備えて車体をバラし、同色の部品に仕分けをしよう・・・というのが目標です。そこで一番問題になるのがフロント周り。C.C.のバンバン90はいわゆる「3型」と呼ばれるモデルで、フロントフォークがテレスコピックタイプに改良された頃のモデルです。 しかし、ここで問題が・・・。

b0293253_14445695.jpg

 画像で分かるかどうか・・・なのですが、もともと装着されているフロントフォークのインナーチューブがサビサビなのです。可動部にもサビが多いので、このままだと、このサビがすぐにオイルシールを傷つけて、フォークオイルが漏れてきそうです。 インナーチューブはもう新品部品は無いみたいだしメッキに出せばかなりの出費を覚悟しなくてはなりません。それに、ヘッドライトステーを車体と同色に塗り直したいけど、ヘッドライトステーも微妙に変形してます。

         そこで登場したのが、以前に親切なオジサンからいただいた「1型または2型」のフロントフォーク一式。

b0293253_14452477.jpg

 ボトム可動のスプリング式フロントフォークです。モンキーやダックスなんかと似てますね。 とりあえずはこちらをオーバーホールしてキレイに塗装して使うことにしました。


b0293253_14453152.jpg

 でも、やっぱり貰いもの。 画像はライトステーの裏側です。ずいぶん長い間風雨にさらされていたのでしょうね~。このように各部サビサビのうえ、左のサスがまるでストロークしません。まったくもっての固着です。 カスヤ自動車のキシ君に手伝ってもらい、フォーク分解用の特殊工具を急きょ製作(キシ君、ありがと!)。なんとか右側のサスは分解できましたが、左側は全てが固着していてビクともしません。キシ君と二人がかりで力技に出ます。せっかく作った特殊工具がぶっ壊れたりしながら、数時間・・・。 途中でNoelのストー君やカスヤ社長までお出ましになって手伝ってもらった結果、ついに少しだけ(笑)分解できました。完全分解とはなりませんが、サスもストロークするようになったので、とりあえず良しとします。

b0293253_14453846.jpg

               画像は特殊工具の製作に悪戦苦闘中のC.C.。 それにしても、くたびれたなぁ。

 Keysterからキャブの燃調キットも届いたので、次回はキャブを組んで、エンジン始動テストまで漕ぎつけたいなぁ~。バンバン90の運命や如何に!
[PR]

by ccmc76 | 2014-02-06 15:29 | バイク