250SS → Z400FX → GPZ900R Ninja

 学生時代、KAWASAKI 250SS (S1 以下SS)に乗っていたC.C.ですが、日に日に大型車への憧れが強くなっていきました。 そんな時、とある解体屋さんでKAWASAKI Z400FX(E3 以下FX)と出会いました。400ccにしては車格が大きいFX。限定解除試験(当時は教習所では大型自動二輪免許は取れませんでした)の練習用には最適と思い、アルバイト代をはたいて購入しました。 フロントフォークが少し曲がっていたためか、当時でも破格の値段でした。 250SSをレストアするときにお世話になった知り合いの自動車屋さんには、何故かオートバイのフレーム修正機があったので、フレームを検査し(曲がりはありませんでした)、フロントフォークのインナーチューブを交換し車検を取得。 SSと二台体制で乗り始めました。 初めて乗る4サイクルマルチは気持ちよく回り、SSとはまるで違うエンジンフィーリングで楽しかったのですが、車体の重さもあるのか、停車からのスタート時にSSのようなパンチがありません。「4サイクルに乗るのなら、やっぱり大型車かな~」という思いが強くなりました。 ちなみに、このFXの写真は見つかりませんでした。モリワキの機械曲げ集合管などを装着し、多分、1年くらいは乗っていたと思うのですが・・・。 

 そんなこんなで、学生時代の余りある時間を有効に使い、限定解除試験に通うこととなりました。 試験に通い始めると同時に、いつもお世話になっているスカイロードにて大型バイクを予約してしまいました。完全な見切り発車です。それは、同じくカワサキの GPZ900R Ninja(A6 以下ニンジャ)です。C.C.が新車で購入した最初で最後のバイクです(笑)。 前輪が16インチの最終型で、たしかフルパワーの南アフリカ仕様。

b0293253_154506.jpg

 真っ黒だった外装は、納車時にライムグリーンへ変更してもらい、ツキギの2本出しスリップオンマフラーやフレームサポートパイプ、アールズのオイルクラー、バーハンドルなどなどで武装しました。イメージはツキギの鈴鹿8耐出場車。  数か月後の平成元年1月17日、ついに限定解除試験もどうにか受かり、ようやくニンジャが納車となりました。件のFXはこの時にニンジャの下取り車として出してしまいました。 
 初めてニンジャに乗った時は、さすがに「速い!」って感じましたね。っていうか、バイクってのは本来、こういうふうに調子が良いものなんだな~と、つくづく思い知らされました(笑)。
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-05 16:00 | バイク