HONDA CB750F1 (Four2) レストア日記 エンジン清掃編

 キャブのオーバーホールを終えたCB750F1(以下F1)。 エンジンに火を入れてみる前に、やらなくちゃならないことがありました。それはエンジンの清掃。 室内保管とは言え、長年放置された車体はかなり埃まみれです。 エンジンのフィンの間などは真っ茶色だったりします(汗)。

b0293253_18291110.jpg

                キャブの取付け部付近。ちょっとエアーで吹いただけで埃が舞い上がります。


b0293253_18292013.jpg

                フロント・スプロケット周辺は、チェーンオイルと埃や泥が結合して酷い状況(笑)。


b0293253_18294310.jpg

                               クランクケース上部も真っ茶色!


b0293253_18304783.jpg

              ヘッド周りは埃+アルミの酸化で粉っぽくなってます。まずはワイヤーブラシでゴシゴシします。


b0293253_18312662.jpg

       埃を落とした状態のヘッド部。酸化したアルミが白い粉を噴いている状態。磨き甲斐がありますね(笑)。


                               そして、磨きに磨くこと、丸一日・・・

b0293253_18315015.jpg

                  ワオー! 我ながら頑張りました! かなり見られるようになったでしょ。


b0293253_18315948.jpg

 ヘッド周りのアップ。このくらいになればいいでしょ? キレイになっていくF1に、更に愛情が募った感じです。 近いうちにエンジン始動テストといきたいところです。
[PR]

by ccmc76 | 2013-10-19 18:48 | バイク