カスヤ自動車

 C.C.の古くからの仲間がやっている”カスヤ自動車”が、このたびブログを開設しました。 カスヤ自動車のカスヤ君、従業員のキシ君とも釣り好きであり、もちろん車やバイク好き。鈑金塗装の腕は一級品! 一緒に仕事しているストー君も昔からの仲間であり頼れるメカニック。 C.C.もいつもお世話になっていて、今現在も・・・・・・この話はまた後日。

b0293253_11465211.jpg

                               C.C.M.C.同様、ご贔屓に・・・。
[PR]

# by ccmc76 | 2013-09-09 11:58

C.C.M.C. グッズのご紹介

 当店は基本的にはカーティスクリークという釣具店ですが、お店の一角に単車事業部が存在します。まぁ、単車事業部と言ってもカワサキやホンダなどのバイクを売っているわけではなく、バイク関連のちょっとしたグッズやアクセサリーが、ちょこっと置いてある・・・といった方が正しいですね(笑)。 いわば、店主であるC.C.の趣味の領域(本業の釣りも趣味なんですけどね~)。

                   それはともかく、当店のオリジナル商品第一弾をご紹介いたします。

b0293253_1643553.jpg

 当店のマスコットであるアンクル・カーティスのC.C.M.C.バージョンのステッカー。 いつもはベースボールキャップなんだけど、ジェットヘルにゴーグルで決めてみました。 このブログのタイトル画像と同じデザインです。 白抜きと黒抜きの二種類があります。 C.C.M.C.ステッカー、価格はどちらも @¥578(税込)。

b0293253_165297.jpg

          愛車バニーちゃん(ラビット号)のエンジンカバーにも貼ってみました。 どう? イカすでしょ?



                          ステッカー、別パターンも作ってみました。

b0293253_1652076.jpg

 スワローハンドルをモチーフにしたカフェレーサーステッカー。 ハンドルの上の数字は'50から'90まであります。自分の生まれた年代でも良し、自分のバイクの年式でも良し。 こちらもそれぞれに白抜きと黒抜きの二種類があります。 カフェレーサーステッカー、価格はどちらも @¥398(税込)。
 


b0293253_1652850.jpg

 今度は自分のベルのヘルメットに貼ってみました。ヘルメットが黒なので「白抜き」を貼りました。 C.C.は60年代の生まれなので'60ですね。 アメリカンもスーパーバイクもトレイルもいいけど、C.C.的には何と言ってもカフェレーサーだよね! いつか、愛車KH号もカフェレーサーに仕立てるぞ!

 当店では通信販売も承っております。ご興味のある方はメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(0279-24-8622)にてカーティスクリーク単車事業部までお問い合わせください。

   商品の性質上、品切れの場合は、長期欠品または再入荷不可能な場合もございます。 何卒ご了承願います。 

              カーティスクリーク単車事業部のそのほかの商品は こちら をご覧になってください。



             Cafe Racer TV   YAMAHA RD350   シビレる~!
         
[PR]

# by ccmc76 | 2013-09-05 16:40 | 販売品

YAMAHA GX250 から KAWASAKI 250SSへ。

 「あの3本マフラーのバイクは何?」 GXを白煙とともに抜き去って行ったあのバイクの素性を全く知らなかったC.C.は、その日からあのバイクのことで頭がいっぱいになりました。 バイク好きの友人たち数人に姿かたちを伝えると、「そりゃ、ケッチじゃねぇの?」と誰かが教えてくれました。 「ケッチ????」 C.C.はケッチ(KAWASAKI KH250)のことを全く知らなかったので、さらに深く質問すると、「あんな古いバイクやめたほうがいいよ」とか、「かなりピーキーで乗りづらいよ」「しょっちゅう壊れるみたいだぜ」「キケンなバイクらしいよ」などというネガティブな話しか出てきません。 まぁ、その話のどれもが「・・・らしいよ」という又聞きや推測、ウワサの類だったので、ヘソ曲がりのC.C.は、いよいよそれらの話が本当かどうか、自分でその「ケッチ」に乗ってみて、検証してみたくなりました。

 KH,KHと騒ぐ毎日のC.C.でしたが、雑誌の広告などに載っている中古車のKHは、学生のC.C.には高嶺の花で、とても手に入る領域ではありません。 毎日KHの切り抜きの記事などを眺めながら、悶々とする日々。  あるマンションの1階の駐車場の奥の奥に、しばらく乗った気配の無いKH250を発見。「乗らないのなら、譲ってもらえるかな~」などと、突然持ち主の部屋まで個人売買の直談判をしにいったり(もちろん断られました:笑)なんてことをしてました。 そんなある日、友人のツトムが「ケッチじゃないけど、その前の型のエスエスなら、オレの友達が売ってもいいってさ」と言うではありませんか! 良く聞くと、「250ccのSS(KAWASAKI 250SS)で、こないだまでエンジンは動いてたみたいだけど、書類が無いから登録できないみたい」とのこと。 でも、C.C.にとってはそんなことはどうでも良く、「あのKHと同じ血統のエンジンのバイクだ!」という一点のみで購入を決定。 たしか4万円で譲り受けてきました。

b0293253_17394723.jpg

 画像は譲り受けてから2~3日目のもの。 結局そのままではエンジンも掛からないし書類も無し。 でも、あまりの嬉しさにクラクラしてる状態ですね。 250SSとしては後期型で、ほとんどKHと同じ。フロントブレーキがドラム(KHはディスク)なのと、カラーリングの違いくらいです。このエンジに赤のカラーリング、今でも大好きです。


b0293253_17445553.jpg

 書類もないし、動かないし・・・なのに、毎日磨いてましたね。 後ろのRZ-RRはSちゃん。 彼はまっとうなバイク人生を歩んでましたね、この頃は。

 その後、アルバイトをしてお金を貯めつつ、書類付きフレームを探し続けました。 ある時、モーターサイクリスト別冊の「売ります・買います」のコーナーで、新潟の人から250SSの”書類付き不動車”を譲ってもらえることとなり、レストア開始。 知人の自動車修理工場の一角を借りて、父親と一緒にひと夏かけて”2コいち”。 イイとこ合わせをしたりキャブを掃除したりしたら、無事にエンジンも掛かりました。 

 こともあろうに、初めて乗ったときのことはまるで覚えていません。 あまりの嬉しさに頭の中が真っ白になっていたのでしょうね。 ただ、高回転になったときの「クォーン!」というエンジン音とカストロールの燃えるニオイで昇天しそうだったことは覚えています(笑)。



b0293253_17451234.jpg

 ノーマルのフォルムも良かったのですが、どうしても”セパハン”と”バックステップ”が付けてみたくて改造。この頃はセパハンはご法度。街を走っていたとき、何度か白バイに呼び止められましたが、一度もキップを切られたことはありませんでした。C.C.を呼び止めたオマワリさんはみな、セパハンの事はまるで触れずに、いつも「大事に乗りなよ」と諭すように言い残して去っていきました。 白バイのオマワリさんも、本当にバイクが好きなんですね。  つづく。
[PR]

# by ccmc76 | 2013-09-04 18:57 | バイク

部品交換会へ行ってきました。

 今朝は早起きをして、埼玉県で行われたオートバイの部品交換会(フリマ)へ行ってきました。 一応、早朝6時開場となっていますが、みんな日の出には会場へ集合しているのが常ですね。 ワクワクで会場へ入ってみると・・・

                     売り物ではないみたいですが、こんな車も展示されていました。

b0293253_14114358.jpg


        プリンス・スカイライン。 ハコスカ・ケンメリ世代のC.C.ですが、あまりのカッコよさにシビレます!

b0293253_14115038.jpg


                                  後姿も良い眺め。

b0293253_15221240.jpg


 そんな会場をウロウロしてたら、C.C.的にちょっと見逃せないバイクを発見。出品者に値段を聞くと、かなりリーズナブルな価格。 でも、C.C.はちょっと訳ありで購入したい衝動を抑えます。 すると、同行者の変態薬剤師Konちゃんもそのバイクに興味深々の様子。 彼は現在、十数年間不動状態だったモトコンポをレストア中で、ようやく完成の目途が付いてきた時。 仲間内で、「みんなで原付&原付二種ツーリングしたいね~」なんていう話もあって、彼は「モトコンポでみんなについて行くのはちょっとキツいな~」と嘆いていたばかり。

b0293253_1412972.jpg

                 ・・・と、いうことで、Konちゃんがご購入(笑)。 ホンダ TL50バイアルス。

b0293253_1412188.jpg

 かなりカッコいいね~。 CB50系の縦型エンジンなので、万が一の時には現行車のエイプの部品が流用できると思われます。 Konちゃんが持っていれば、いつでもC.C.もバイアルスが見られるので願ったり叶ったり(笑)。 

b0293253_14122775.jpg

 リアビューもいいね~。 このアップマフラー、このタンクの形状! とりあえずはプチ・レストアをして乗り出すとのこと。 かなり羨ましいです!

 こういう出会いもあるので、部品交換会は何度行ってもワクワクしますね。
 
[PR]

# by ccmc76 | 2013-09-01 15:43 | バイク

YAMAHA GX250


 高校を卒業して中型免許を取ってから、パッソーラ、RX50と乗り継いでいたある日、親戚の叔父さんが「もう乗らないから・・・」ということでC.C.にくれたバイクがYAMAHA GX250。C.C.が初めて乗った(所有した)中型自動二輪です。

 
b0293253_16444583.jpg

 当時「大八車」と呼ばれたキャストホィール仕様なので、正確にはGX250SPですね。 初期型はテールカウルなども装着されたカフェレーサースタイルだったみたいだけど、C.C.が乗っていたGXはティアドロップタンクのオーソドックスなスタイル。兄貴分のTX750や500などに通ずるフォルム。 ハンドルをイノウエの一文字ハンに、ウィンカーをCB72タイプに変更してました。 当時はマイナーなバイクだったけど、今見ると、とってもカッコイイね~。


b0293253_16473891.jpg

 榛名湖にて。隣のRZ-RRは友人のSちゃんのもの。 一緒に走りに行くと、まったく付いていけなかったのは言うまでもない。 でも、あのSOHCツインのエンジンフィーリングは今でも心に焼き付いています。機会があったら、また乗ってみたいバイクですね。 この頃はすでに、オートバイの魅力に取りつかれておりました。 それにしてもこの写真のC.C.、細いね~!今より10kgくらい軽かったからね~。 


 そんなある日、いつものように榛名湖まで走りに行く途中、伊香保のグリーン牧場の前あたりで、爆音・白煙とともにC.C.のGXを軽く抜き去っていくバイクが出現。離れていく後姿には、モクモクと白煙を吐き出す右2本、左1本のマフラーが・・・。 「あのバイクは何だ!」 その日から、あの3本マフラーのバイクのことが頭から離れなくなってしまいました。   つづく。


 
[PR]

# by ccmc76 | 2013-08-31 17:22 | バイク