Good-by 2013 !

 今年の更新も今日で終了です。 本年8月よりスタートし、十数年ぶりに再発したバイク生活の一部をお伝えして参りましたが、こんなブログにお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

b0293253_171501.jpg

 2014年も、バイクいじりにツーリングに、ときにはフィッシングに(本業ですので :笑)・・・と、このブログを綴っていきたいと思っております。 皆様も良いお年を!
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-29 17:25 | バイク

SUZUKI VanVan90 & K90 コレダ

 年の瀬も押し詰まってきましたね。もう会社も休みに入っている人も多いのでしょうか。 年末年始の休みはガレージに籠ってバイクいじり三昧・・・なんてのもいいですね。

 C.C.はまだ休みに入っておりませんが、これからの休日は自分のバイクを少しずつレストアしていきたいと思っています。 ずっとやってるCB750F1に手を掛けるのはもちろんですが、前に一度お話ししたSUZUKI VanVan90(以下バンバン90)のレストアを春までに完了したいと思ってます。 3月になると大好きな渓流釣りも解禁になるので、来シーズンはバンバン90を駆って釣りに行こうと計画中なのです。

b0293253_14465774.jpg

 まだ、ぜんぜん手を付けていませんが、今後のレストアが楽しみです! 桜が咲くころにはバンバン90で釣りに行きたいなぁ~。


 な~んて、バンバン90のことばかり考えていたのですが、最近、もう一台のレストア待ちバイクがとても気になりだしました。

b0293253_14473088.jpg

 SUZUKI K90 コレダ (以下コレダ)。 このコレダ90のエンジンは基本設計がバンバン90と同じなので、最初はバンバンの部品取りに使えるかなぁ~と思ってましたが、見ている間にだんだんコレダにも愛着が湧いてきちゃいました。 前にも書きましたが、カフェレーサー風、あるいはスクランブラー風に少しだけ改造したら、さぞかしカッコいいだろうなぁ~。 こちらは先々の楽しみにとっておきますかね~。
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-27 15:07 | バイク

HONDA CB750F1 (Four2) のディスクローター

                 先日、アメリカより待ちに待った航空便が届きました。その中身はというと・・・

b0293253_1510042.jpg

 それは、ディスクローターでした。 このブログでも以前からお伝えしている、現在レストア中のCB750F1(以下F1)のフロント用ディスクローターです。 なぜ、わざわざアメリカよりこの部品を送ってもらったかというと、応えは簡単、日本で買うより安かったからです。 日本では不人気車種だったF1も海外では人気者だったようで、彼の地では21世紀のこのご時世でも中古部品がリーズナブルな価格で出てくるみたいです。

 ・・・ということで、このローターを使って、C.C.のF1の 「フロントブレーキのダブルディスク化計画」 をレストアと同時に進めようという魂胆です。


b0293253_15103664.jpg

 まだまだ先は長い道のりになりそうなF1。 最近はレストアもサボり気味でしたが、新年より少しずつ手を掛けていこうと思っております。


b0293253_15105160.jpg

 数か月前の雑誌(ミスターバイクBG)のグラビアより。 集合管にバックステップにコンチハン。 やっぱりF1はカッコいいなぁ~。 このF1はC.C.の理想の形のひとつですね。
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-25 16:34 | バイク

HONDA CL90

 C.C.と同じで、バイクも釣りも・・・の昔からの友人、通称「凡人」氏が遊びにきました。 以前は当店の近くで仕事をしていたためよく遊びにきてくれましたが、転勤のために職場が遠くなったため久々の来店です。

b0293253_169292.jpg
b0293253_1693615.jpg

 愛車はいつものCL90。 なんでも、横型エンジンのCL90はこの型までで、これ以後は縦型のエンジンになるとのこと。 この時代のスクランブラーっていうカテゴリーのバイクは、なぜかみんなカッコいいですね~。 このCL、ロマンスグレイのオジサマたちにも人気で、「懐かしいねぇ~」と、道端でよく声を掛けられるそうです。 

   来春は凡人氏のCLとC.C.のバンバン90で渓流釣りに行きたいなぁ。 バンバンはやく直さないと・・・。
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-21 16:56 | バイク

愛車遍歴 GPZ900R Ninja → KAWASAKI Z1R-II

 初めて買った新車のGPZ900R(以下ニンジャ)はとても速く、とってもパワフルでフロント16インチのハンドリングもグッド。まるで不満がないまま数年乗り続けました。 が、だんだんと、何かもの足りないという気持ちが・・・。

b0293253_1548403.jpg

 それは、「あまりにもスムーズ過ぎるエンジンのフィーリングと、キッチリしすぎた車体の剛性感」でした。 乗っている、操っているというより、「乗らされている感」のほうが強く感じてしまうようになったのです。 まぁ、自分のウデは棚に上げて・・・なんですけどね。 バイクデビュー直後から250SSで育ったC.C.には、もう少し荒々しいというか、未完成な乗り味のバイクのほうが性に合ってるなぁ~ってことで、バイクを乗り換えることにしました。


                   KAWASAKI Z1R-II(以下Z1R)です。いまでも大好きなバイクですね。

b0293253_154847100.jpg

 このZ1Rは、いつもお世話になっているスカイロードの社長にお願いして探してもらいました。独特のカフェレーサー・スタイルに名車Z1から連綿と続く空冷4サイクル4気筒1000ccのエンジンを搭載。 初期型Z1Rとの違いは、フロントホイールのサイズ(初期18インチ、II型は19インチ)や、フューエルタンクの容量、エンジンのヘッド形状などなど。 初期型が良いという人も多いですが、C.C.的にはこのZ1R-IIのスタイリングが良いのです。 ゼファー400用のハンドルやバンス&ハインツ製のメガホンマフラー、アールズのオイルクーラーなどで武装してました。 ニンジャと比べると、高速域でフレームもヨレヨレに撚れるしブレーキも利かないのですが、「コレ、コレ。 やっぱりこの乗り味に帰ってきたなぁ~」って、つくづく思いましたね。

 
 ちなみに、隣のZ1はSちゃん、後ろのGPZ1000RXはKNちゃん。 当時はみんなでツルんで、よくツーリングなどへ出かけていました。
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-19 16:45 | バイク

フロントフォークのオーバーホール ミニトレ編

 最近ずっとイジっているツトムのミニトレ(YAMAHA GT80)。 前回はエンジンの始動まで漕ぎつけたので、今回はいよいよフロントフォークの交換&オーバーホール(以下OH)です。

b0293253_14165359.jpg

 作業前のミニトレ。見ての通りフロントフォークのインナーチューブはサビサビの酷い状態! これはもう交換しかないのですが、もちろん30年以上も前のバイクのインナーチューブの新品部品が出るはずもありません。 しかたないのでまだ使えそうな中古のフロントフォークを探し出し、これをOHして装着します。 お昼過ぎ、さっそく作業に取り掛かります。



b0293253_14171564.jpg

 バラバラに分解された中古のフロントフォーク。 こちらのほうが程度が良いとはいえ、やっぱり30年以上前の部品。各部が固着していたので分解が大変でした。 インナーチューブの上の方(トップからミツマタにかけて)はサビが目立ちますが、可動部はサビもなくキレイです。


b0293253_14172827.jpg

 アウターチューブの中を覗いたところ。オイルシール部にはヘドロのような腐ったオイルの濃縮液が・・・(酷い悪臭!)。アウターチューブ内も同様でしたが、画像はパーツクリーナーである程度キレイにしたあとです。


b0293253_14174974.jpg

 やはり四苦八苦しながら古いオイルシールをやっと取り外し、各部をよ~~~く洗浄してから、フロントフォークを再度組み立てます。 この時点でもう夕方!


b0293253_1418910.jpg

 車体からサビサビの古いフォークを取り外し(これがまた、各部が固着していてなかなか外れず、イヤになりました)、OH済みの中古フォークを取り付け、フォークオイルを入れて完成! ここまでで外は真っ暗、すでに夜! フォークオイルは左右で注入量が違います。


b0293253_14182792.jpg

 ホイールを外したついでにタイヤ交換。 サビが目立ったリムや、粉を噴いていたドラムブレーキやハブも磨き、やっとのことでタイヤを組み付けて空気を入れたら、すごい勢いで空気漏れ(笑)。 30年以上前のタイヤチューブでは、あらたな空気圧に耐えられなかったみたい。 新品のタイヤチューブが無かったので、今日の作業はここまで。 すでに夜の10時!


 ちゃんとしたバイク屋さんだったら、もっと作業がスムーズなんだろうな~なんて、つくづく思いますね(笑)。 あとは前後のタイヤ交換と電装系の確認、各部の調整だけですね。フューエルタンクの掃除やサビ取りはオーナーのツトム自身がやっているので、C.C.の役目ももう少しで終了です(今後、問題が発生しなければ・・・ですが:笑)。 なんだか疲れた~! この日はぐっすり眠れました!
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-18 15:23 | バイク

VanVan50 の記事に関する訂正

           
           先ほどのバンバン50の記事にて、ちょっと間違えがありましたので、ここで訂正いたします。


b0293253_1747638.jpg
b0293253_17471362.jpg


 2台のバンバン50にはフロントフォークの形やリヤフェンダーのデザインなど何ヵ所かに違いがありました。C.C.は先ほど、キャンディーブルーの方が前期、ダークグレイのほうが後期型と書きましたが、正しくは併売されていたもののようで、バージョンが違うみたいです。ブルーがスタンダードでダークグレイのほうがSと呼ばれるタイプのようです。

                                 以上、訂正でした!


      こんな改造もイカしてますね!


[PR]

by ccmc76 | 2013-12-14 17:58 | バイク

SUZUKI VanVan50 ( RV50 )


 カスヤ自動車に、またまたバイクがやってきました。 それは2台のSUZUKI VanVan50(以下バンバン50)です。 調べてみると、バンバン50のデビューは1972年のようです。完璧な旧車ですね(笑)。 エンジンは空冷2サイクル単気筒。4.3馬力。


b0293253_16432876.jpg
b0293253_16433564.jpg
b0293253_16434145.jpg

 一台目はキャンディーブルーのバンバン50です。これは初期に作られた車体のようです。車体はこちらの方がキレイに見えますね。 バンバン50は、C.C.所有のバンバン90とは逆側(跨って左側)からマフラーがでています。



b0293253_16435659.jpg
b0293253_1644716.jpg
b0293253_1644173.jpg

 もう一台はダークグレイのバンバン50。 こちらは少し後期の型のようで、ブルーのやつとはリヤフェンダーのデザインやフロントフォークの形式(様式)が異なります。また、オプションパーツのエンジン・アンダーガードとダウンチューブが装着されています。 シートはビリビリですけど・・・ね(笑)。


 それにしても、バンバンシリーズって、とてもイカしたデザインですね。バギーのような太いタイヤにポップなデザイン。 バンバン50の車格は、ダックスなどよりちょっと大きめで、身長の高いライダーでも窮屈さを感じませんね。


 それぞれ一長一短がある2台ですが、カスヤ君と近いうちにイジり始めようと話しております。 ゆくゆくはオーナーも募集したいと思ってますので、その時はみなさまヨロシクです!
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-14 17:05 | バイク

愛車の KAWASAKI KH250

 

               いよいよ本格的な寒さとなり、バイクの出番も少なくなりがちの昨今ですね。

 こないだ、このブログの過去の記事などを読み返してみたのですが、気付いたことがひとつありました。「バイクの画像はいっぱいあるのに、自分がバイクと一緒に写ってる画像って全然無いなぁ」。 そういえば、誰かに撮ってもらう以外、自分とバイクが一緒に写ることってないですよね。 「でも、一枚くらいあるかな?」 ということで、フォルダーの中を探してみたら、ホントにたった一枚だけありました。 


b0293253_13185234.jpg

 愛車のKH250(以下KH)に跨っている画像。 この画像はKHの納車の時、購入先のスカイロードの社長が撮ってくれたものです。 ちょっと恥ずかしい気もするけど、愛車と一緒の写真って、なかなかいいもんですね!
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-13 13:35 | バイク

NISSAN SUNNY B10

 カスヤ自動車へ遊びに行くと、様々な自動車が修理に入っています。 古いのや新しいの。キレイなのやそうでもないモノ(笑)。 もともとは自動車の修理が本業で、バイク(単車事業部?)は最近発足したのだから、当たり前といえば当たり前ですね。

                    そんな自動車のなかでも、もう長い事入院しているのがこの車。

b0293253_1144377.jpg

 日産サニーのB10型になるのかな。 ずっと前から工場の一角を占拠していますが、サニーが放つそのオーラはハンパじゃなく、C.C.にとってはいつも気になる存在です。


b0293253_11442238.jpg
b0293253_11445080.jpg
b0293253_1145626.jpg

 いや~、やっぱりカッコいいよね~。 このオレンジの車体、昔C.C.のウチにあった同じ色のマツダ・カペラのロータリークーペを思い出しますなぁ。

               いつか、このサニーが動く日には、その瞬間に是非立ち会ってみたいものですね!
[PR]

by ccmc76 | 2013-12-12 12:02 |