SUZUKI VanVan90 レストア ~点火不良編~

 レストアを開始した自分のバンバン90。キャブもキレイにして始動テストをしてみましたが、エンジンがかかりません。 混合気もちゃんとシリンダーに行ってましたが、プラグから火が飛んでません。新しいプラグに替えてもダメ。 オイルとホコリでドロドロだったイグニッションコイルを外してお掃除すると、いくらかプラグから火が飛ぶようになりました。 しかし、まだエンジンは目覚めません。 「???」 点火時期などを調整していたら、またもや突然火が飛ばなくなってしまいました。 仕方ないのでポイントを点検してみることに。


b0293253_1734981.jpg

 まずは、ポイントカバーやクランクケースのカバーを外していきます。 ・・・と、見たくないものを発見(←で示したところ)。 転倒でもしたのでしょうか、クランクケースのカバーの一部が真っ二つに割れていました(泣)。ガッカリです。


b0293253_17341733.jpg

 でも今はポイント交換のほうが先なので、作業を続けます。 画像はクランクケースカバーやスプロケカバーなどを外したところ。 ドロやグリスやホコリやオイルで超キタナイです~。 でも今は、それも無視して作業を続けます。


b0293253_17343064.jpg

 何度も点火時期などをいじってみましたが、まるで進展がありません。 画像は仕方なくポイントを外したところ。 どういう訳か、ポイントからコンデンサに続く緑色の配線がぶっちぎれていました。これではプラグから火が飛ばないのも当然ですね。


b0293253_17343992.jpg

 ポイント自体も、何故か大きく変形していました。 どうしてこんな事になるのでしょう? 誰かがイタズラしたの? 訳わかりません!


b0293253_1734477.jpg

 新たに購入した新品のポイント。 上の画像と見比べてみてください。 古いポイントは全体が斜めに曲がっていました。

 ・・・ということが分かったところで、この日はお開き。まったく手間の掛るバンバン90のレストアですが、少しだけ先が見えてきました。 はやくバンバンで釣りに行きたいなぁ~。
[PR]

by ccmc76 | 2014-03-22 18:20 | バイク